読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【アムアム通信Vol.126】その勧誘はあり?

こんにちは。アムアム通信編集部員、皆さんの心のオアシス亜夢子(あむこ)です。


大学受験のシーズンですね。亜夢子の会社の近くにも大学があるため、朝は受験生が校内にぞくぞくと入っていく姿を見かけます。


その受験生の列にパンフレットを渡している人も多数います。


こっそりパンフレットを覗き込むと「○○予備校」と書いてありました。


これから受験に向かう人たちに予備校の入学案内のパンフレットを渡すとは。。。


さくら散る。。。を期待しているのでしょうか。



プログラミング言語別 平均年収ランキング発表

求人検索エンジン「スタンバイ」の運営会社「ビズリーチ」はプログラミング言語別平均収ランキングを発表しました。


1位は「Python(パイソン)」の651万で、機械学習やロボット向けアプリケーション開発の求人が多いそうです。世間ではAI(人口知能)が流行っていますが、それを反映しているようです。


2位は何と「Perl」 最近Perlの案件を聞くことが少なくなったような気がしますが、年収だと2位だそうです。


年収アップのためにPythonを勉強するのも良いかもしれませんね。
Pythonの案件が世間にどれだけあるかわかりませんが。。。)


ちなみに言語別求人ランキングは
1位 Java
2位 PHP
3位 C言語
とのこと。


残念ながら求人数と年収は比例しないようです。


その他の言語のランキングはこちらで確認してみてください。


今後の習得言語の参考にしてみてください。



くみ子の部屋 「はんだ職人は神様!?」

みなさんこんにちわ。くみ子です。


先日遊びにいった公園に、ニジマス釣りコーナーがありました。
釣った魚はバーベキューコーナーで焼いて食べることができます。川魚好きのくみ子は早速挑戦することに。
散々餌だけもっていかれ、やっと釣れた一匹を自分たちで焼いて子供と取り合いながらいただき、なんともゆったりした時間を過ごせました。


さて今回は、くみ子の身近な話しです。


くみ子がやっている仕事の1つに半導体にデータを書き込むという仕事があります。
その過程でICソケットという部材を大量に使います。
ICソケットは、半導体半導体にデータを書き込む装置の中継器のような部材です。
半導体にデータを書き込む装置の参考画像:http://azcorp.cart.fc2.com/ca15/259/


ICソケットは数万回利用すると寿命がきて必ず壊れる部分があるのですが、1つ数千円〜数万円というわりと高額な部材です。
(高いのにすぐ壊れる…)
そのため壊れた部分だけを購入して、修理屋さんに修理を依頼していたのですが、結局、新品購入と対して変わらないお金とたくさんの時間がかかるという結果に。


修理といってもはんだ付けが主なので、くみ子たちのハード技術者であれば対応できます。
そのため今ではハード技術者に無理を言って対応してもらっていますが、これまでかかっていた修理費と、修理が終わるまでの時間が短縮されたことで、半導体データ書込現場ではちょっとした歓声がおこっています。


自分たちではできないことを、さっとやってしまう。
まるで神がやってきたごとくです。



これは知っておいてねキーワード

リベラル・アーツ


ヨーロッパ大学制度において中世以降、人が持つ必要がある実践的な知識・学問の基本とみなされた自由七科のこと。具体的には文法学・修辞学・論理学・算術・幾何・天文学・音楽のこと。


最近では、大学で誰もが身に付けるべき基礎教養科目を意味する。


今回の「おすすめの一冊」で紹介した「戦略がすべて」の中で「リベラル・アーツ」が多用されていたので何だろうと思って調べてみました。


リベラル・アーツ。何となく響きがかっこ良くありませんか?(笑)



おすすめ(いや、すすめているわけではない)の一冊

戦略がすべて

ビジネス市場、芸能界、労働市場、教育現場、国家事業、ネット社会…
どの世界にも各々の「ルール」と成功の「方程式」が存在する。


無駄な努力を重ねる前に「戦略」を手に入れて世界を支配する側に立て!とのことです。


不況から脱することのできない日本。いつリストラされるか怯えるのではなく、いつリストラされても外で通じる自分なりの戦略を持つために本書で学習してみてはいかがでしょうか。


「戦略がすべて」という書名ではありますが、あまり戦略に関することは書かれていないような気がします。
(亜夢子が理解できてないだけかもしれませんが。。。)



戦略がすべて [ 瀧本哲史 ]

戦略がすべて [ 瀧本哲史 ]
価格:842円(税込、送料込)

編集長のつぶやき

土曜日に中途採用面談が2件ありました。今回のエンジニアは組込(志望)エンジニア。


いかにもエンジニアです!というエンジニアではなく、きちんとコミュニケーショが取れる方でした。


ただし、残念なこともありました。


一人目のエンジニア。
土曜日の○○時にお待ちしています。とメールしたが返事がなく当日やってきた。
(来るか来ないか非常に不安でした)


二人目のエンジニア
時間になっても来ず。10分程度遅れてきました。遅れるなら連絡が欲しかったです。


二名ともリベラルアーツを学んで欲しいなといったところです。
(リベラルアーツというより一般常識ですかね?)


さて、内定を出すか出さないか。ゆっくり検討したいと思います。





現在の読者数:103名(200名まで、あと97人)


編集長へのコンタクトはこちらまで(sumihiro@super-se.com)