読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【アムアム通信Vol.5】池袋を除けば1番

こんにちは。アムアム通信編集部員の亜夢子です。


上福岡駅東武東上線の埼玉県にある駅の一つ。
上福岡は東上線沿線で1番飲み屋が多い駅なんだと教えてもらいました。
「ただし、池袋を除いて」だそうです。
その時は「へぇ、上福岡ってすごいな。1番なんだ」と思ったのですが、よくよく考えると結局は2番ってことじゃないですか!?(2番でも十分凄いですけど)
物は言いようだなと思った出来事でした。



歴史は繰り返す

オフラインファーストという言葉がちらほらと聞こえてくるようになりました。
オフラインファーストとは、オフラインでの利用を前提に考えてアプリケーションを作ろうという思想です。モバイル端末(スマホ等)で業務を行うことが増えてきていますが、ネットワークが使えないと業務が行えないとネットワークの状態によってはパフォーマンスが悪くなる等の欠点があります。
そこでオフライン状態でも業務が行えるようにしようというのが、このオフラインファーストという考えです。
具体的には必要なアプリ、データを端末側に持ち、ネットワーク通信は必要最低限にするというのがオフラインファーストなんですって。


私が社会人になったころからのIT業界の流れを追うと歴史は繰り返されているなぁ、と実感します。
「アプリやデータをサーバ側で持つ(中央集権)」時代と「アプリやデータをクライアント側で持つ(地方分権)」時代との繰り返し。(オフラインファーストはまさに「地方分権」時代)
オフラインファーストの次はきっとオンラインファーストの時代が来るのではないでしょうか。


※時代の流れ
ホスト⇒クラサバ⇒Webアプリ(thinクライアント)⇒オフラインファースト
(中央集権)⇒(地方分権)⇒(中央集権)⇒(地方分権)


今日のキーワード

データサイエンティスト【Data Scientist】
ビッグデータから、ビジネスに生きる知見を引き出す専門家のこと。


ビックデータが流行っていますが、大量のデータも有効な情報を引き出せなければただのゴミ。統計の手法を駆使して仮説・検証を行ってビジネスに役立つ情報を引き出すのが役目だそうです。
ビックデータを解析して株価を予測するなんてこともできるそうです。
アメリカでは解析したデータを提供するビジネスなども成功しているらしいですよ。


おすすめ(いや、すすめているわけではない)の一冊

いつやるか?今でしょ!

最近テレビでよく見かけるようになった東進ハイスクールの林先生。
初めてあのテレビCMを見たときにおもしろいなと思いました。
しばらくは「今でしょ!」が口癖になっていました。
ある日書店に足を運んだ際に、目に留まった本のタイトルが「いつやるか?今でしょ!
「いつ買うか?今でしょ!」と思ったのは言うまでもありません。


さっそく読んだのですが、残念ながらそれほどタメになることは書いてありませんでした。
一番タメになったのは、タイトルの「いつやるか?今でしょ!」くらいでしょうか(笑)


思い立ったが吉日。やるべきことは今すぐやりたいですね。


編集後記(編集長より)

やばいです。かなり本文が長くなってきました。
文豪の芥川龍之介は長編小説をあまり書きませんでした。
彼は天才が故、小説のエキスだけを抽出し、ギュッと圧縮してしまうため短編が多いそうです。
次回は芥川龍之介を目指してコンパクトにお届けできるかもしれません。