読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【アムアム通信Vol.116】エビの天ぷらのお寿司のご飯

こんにちは。アムアム通信編集部員、皆さんの心のオアシス亜夢子(あむこ)です。


近所の回転寿司屋さんが新装オープンしたとのことなので、甥っ子を連れて行ってきました。


内装が落ち着いた感じに変わっていました。回転寿司でも高級感を演出しようとしているのかもしれませんね。
一番の変更点はお寿司を回転させるレーンがなくなっていたこと。もはや回転寿司でなくなっていました。


オーダーも専用端末でなく汎用的なAndroidタブレットになっていました。


偏食気味な甥っ子に何を食べるか聞いたところ
「エビの天ぷらのお寿司のご飯!」と元気よく答えました。


寿司からネタをとったらすべて同じただの「シャリ」になるのでエビの天ぷらでなくてもいいでしょ、
と言ったのですが、どうしても「エビの天ぷらのお寿司のご飯」が良いというので
しかたなくエビの天ぷらのお寿司を注文しました。


残った寿司ネタ(エビの天ぷら)は亜夢子がおいしくいただきました。



山手線に新型車両登場するもトラブル続出

JR山手線に新型車輌(E235系)が登場しました。新型車両が登場するのは何と13年ぶり。


登場初日からトラブルが続出しました。トラブルの主な原因は、走行試験時を大きく超える重さがかかりブレーキを制御する新システムに不具合が生じたとこのとです。


試験時には36トンの水タンクを車輌に載せ、乗車率40%になるようにしたそうです。


ラッシュ時に山手線に乗ったことがある方はご存知だとは思いますが、乗車率40%での試験とはかなり現実から乖離した乗車率。試験が甘かったと言わざるを得ないのではないでしょうか。


現時点では新型車輌の運転再開は未定とのことです。今ごろメーカーのエンジニアが徹夜で対応を行っている姿が目に浮かびます。



くみ子の部屋 「くみ子 ラズパイを買う」

みなさんこんにちわ。くみ子です。


先日、亜夢子さんと話をしている時にラズパイで何かできないかな?
その内容を記事にしたらオモシロイよね!
という話で盛り上がり、さっそく購入しちゃいました。


ラズパイとは、ラズベリーパイという小型コンピューターです。
美味しそうだけど、食べ物ではありませんよ(笑)。
(アムアム通信Vol.114のくみ子の部屋でも紹介しています)


くみ子が購入したラズパイは名刺くらいのサイズですが、USB、LAN、HDMI、SDカードスロットが使え、スケルトンなケース付き!
これが6000円くらいで購入できてしまうなんて、便利な時代です。


今後は、ラズパイで何をやるか、その開発状況もお伝えしていきます。



これは知っておいてねキーワード

パーソナルモビリティ[ぱーそなるもびりてぃ]


一人乗りの移動機器。


一人乗りの移動機器と言えば、2002年に発売されたセグウェが思い浮かぶ人が多いのではないでしょうか。
残念ながら日本では公道を走ることができませんが、空港内の警備員の人が利用していたりします。


このパーソナルモビリティ。初めて聞いた時には新しいことのように感じましたが、よくよく考えると一人乗りの移動機器ということは自転車、車いす、一輪車、竹馬?などもパーソナルモビリティ。


言葉は新しいですが、概念(実体)は昔からあるものだったのですね。
あやうく騙されるところでした(笑)



おすすめ(いや、すすめているわけではない)の一冊

ユニクロ監査役が書いた伸びる会社をつくる起業の教科書


ファーストリテイリングユニクロ)を上場に導いた立役者である著者。


起業するために必要なことは「最後の一人になってもやりぬく」ことだそうです。


日本の労働者の8割以上がサラリーマン。この不況の中、起業してみようという人はあまりいないかもしれませんが、この不況だからこそ起業するチャンスがあるのではないでしょうか。


本書では起業してから会社の規模を拡大し、上場するまでのノウハウがぎっしり詰まっています。


起業する気のない人も本書を読んで会社拡大のための経営手法を学んでみてはいかがでしょうか。



編集長のつぶやき

日曜日は末っ子(年中さん)の作品展に行ってきました。テーマは「もしも○○になったら」
各クラスごとに○○を決めて様々な作品を作り上げます。


末っ子のクラスは「もしも宇宙人になったら」


宇宙の絵と紙粘土で作られた宇宙人。円筒形をした作品もあったので「お、ロケットか」と思って、先生が書いてくれた解説を見ると「マイク」の文字が。


宇宙人ってマイク使うんでしたっけ?


子どもの発想って自由だなぁと思った出来事でした。


ちなみにその作品はこちら



■am city(アムアム通信バックナンバー)はこちらから




現在の読者数:102名(200名まで、あと98人)