読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【アムアム通信Vol.49】チューリップの種

こんにちは。アムアム通信編集部員、皆さんの心のオアシス亜夢子(あむこ)です。


甥っ子が小学校で育てた朝顔を家に持って帰ってきました。


毎日、2〜3個の朝顔が咲くので朝の楽しみが増えました。


そういえば、幼稚園児の甥っ子はチューリップの球根を植えて家に持って帰ってきていました。


チューリップの1つの球根って毎年 花が咲くと思っていたのですが、一度限りなんですって。
花が散ったあともそのまま球根を植えておけば、来年も花が咲くと思っていたのですが、実は咲かないのですね。


そういえば、チューリップって球根は見たことあるけど、種(たね)は見たことないですよね。
花が咲いた後に種がなっているのを見たことがある人います?


当たり前ですけどチューリップにも種はあります。
ですが、種を植えても数年(4〜5年)は花を咲かせないんですって。


なので、てっとり早く花を咲かせるために球根を植えるのだそうです。(種から球根になるまで栽培農家の方が育てるそうです。)


こんどチューリップを見かけたら種がなっているか見てみてください。


そろそろネタが切れてきたので、今回は「タネ」の話をお伝えしました。



残業代0(ゼロ)法案検討中!?

原則“1日8時間、週40時間が上限”と定められている労働時間規制の適用を除外する「ホワイトカラー・エグゼンプション」の導入を政府が検討しています。


これは「労働時間」ではなく「成果」に応じて給与を決める新しい賃金制度のこと。
残業代がなくなることから「残業代ゼロ法案」として世のビジネスマンたちに警戒されています。


成果主義と言われてかなりの年月が経ちますが、その成果主義がうまく機能していないのは周知の事実。いったいどうなることやら。


仕事へのモチベーションを持続させるのが難しい世の中になりましたね。


とは言え、仕事はつらくとも楽しくやりたいので、何かしらの「やりがい」を見つけてモチベーションを保ちたいと思います。


まこっちゃんの投資コーナー

あなたのお金のオアシスまこっちゃんです。


ひょんな事から投資経済関連風味な情報をお届けすることなりました。
どうぞよろしくお願い申し上げます。ぺこり


初めから私ごとで恐縮ですが、近日中に住宅ローンの契約をする事になりそうです。
事前にシミュレータなどで総支払額を試算したところ、空恐ろしい金利を支払うことが分かりました(汗)


しかし、特に最近では、史上最低金利!!とニュースなどで報道されているのをご存知でしょうか。
現在の変動金利は 2%前後です (金利優遇があるので実際は0.8%前後)。
極端な比較をするとバブルのときは8%を超える時もあったそうです。


支払額の差でみると、仮に返済期間が35年で約3000万を借り入れたとすると1%の変動で500万円程度の差が出ます。。。


現実的な数字じゃないですよね。それがバブルというものらしいです。


ではその変動金利。何が影響して決まるかというと大元は政策金利です。
政策金利とは、日銀が銀行にお金を貸し出す時の金利のことで、


ほぼ0金利の現在の日本においては、住宅ローン金利が極めて低くなっているのもうなずけます。


政策金利は国の景気によって定められるので、現在の日本は相対的に不景気ということですね。


つまり単純に考えれば、これから好景気に上向けば住宅ローンの金利も上がるということになりますが、さて、どうなることやら。


(次回予告)気になる経済ネタまとめ


これは知っておいてねキーワード

リア充【りあじゅう】(リアル充実組)


リアル(現実)の生活が充実していることをあらわすネットスラング


2チャンネルなどのネット生活で毎日が充実(?)している人たちのひがみから発生したそうです。


具体的にリア充の定義とは
・恋人や友達づきあいに恵まれている
・オタク以外の趣味を楽しむ
・地域活動や飲み会に参加する


などなど色々あるそうです。


ネットスラングっていろいろとおもしろい言葉がありますね。


おすすめ(いや、すすめているわけではないの)の一冊

もう終わっている会社

大前研一と言えば、マッキンゼー(コンサル会社)。マッキンゼーと言えば大前研一
(ちなみに オオマイゴッド!と言えば イエス・キリストですよね(笑))


そのマッキンゼー出身の著者 古我知史(こが さとし)。


経営戦略の三種の神器
選択と集中の戦略
・中期経営計画の信奉
・顧客至上主義


を真っ向から否定しています。


現状の延長線上にある中期経営計画などまったく意味がないとバッサリ切り捨てています。
将来は現在の延長線上にあるわけではないと主張する著者。


奇抜な意見で経営戦略の問題点、あるべき姿(著者にとって)を語っています。


多少、文章は読みにくいですが、形だけの経営戦略に疑問を持っている方は読んでみてはいかがでしょうか。


著者の語ることが正解だとは言えませんが、違った視点で経営戦略を見つめることが出来るかもしれません。


編集長のつぶやき

今回より配信を開始した「まこっちゃんの投資コーナー」いかがでしたでしょうか。


先行き不安な日本経済。貯蓄をして老後に備えようという人も多いと思います。


より効率的に資金を運用するために参考にしてみてください。


ただし、投資はあくまで自己責任です。そこだけは忘れずに。



am cityはこちら
http://amcity.super-se.com/

現在の読者数:49名(100名まであと51人!)