読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【アムアム通信Vol.42】お得にはダマされないわよ!

こんにちは。アムアム通信編集部員、皆さんの心のオアシス亜夢子(あむこ)です。


先日、久しぶりの出張に行ってきました。出張先は愛知県豊橋市
久しぶりの新幹線にワクワクして東京駅に向かいました。


お昼ごはんを車内で済ませようと、駅の売店でお弁当とお茶を手にレジに並びました。


お弁当は「とり三昧弁当」、お茶は350mlのペットボトル。


350mlのお茶を見た店員さんが「大きいサイズの方がお安くお得ですよ」と。


「お得」その言葉にグラっときましたが、以前、お知らせしたロッテリアでの「お得事件」(ロッテリアお得事件の詳細はアムアム通信Vol.32「本当にお得なのかしら?」参照)


を経験している亜夢子。そんな一言にはダマされません。きっぱりと「そのままでいいです」と即答しました。


お会計を済ませて、念のため大きいサイズのお茶を見ると。。。
何と350mlのお茶より10円安いではないですか!
確かに店員さんは「安くてお得」と言っていました。


はぁ、今回は本当にお得だったんだなとちょっぴり残念な気持ちになりました。
でも、亜無子はそんなにたくさん飲みたくないので小さいサイズで十分だもん、と無理やり自分を納得させました。



大災害時に公衆無線LANを開放

無線LANビジネス推進連絡会は27日


『大規模災害発生時における公衆無線LANの無料解放に関するガイドライン


を公開し、公衆無線LANの無料開放にむけた取り組み内容を発表しました。


SSIDは「00000JAPAN」(ファイブゼロ ジャパン)だそうです。
ゼロが5つなのは2020年に開催されるオリンピック(五輪)にかけたそうです。


このような大災害時の統一無線LANは世界初の試みとのこと。


2015年(来年)の春の実装に向けて環境を整備していくそうです。


万が一、大災害で公衆電話網がパンクしているときは、このSSIDを探して接続してみてください。


これは知っておいてねキーワード

クラウドファンディング


不特定多数の人がインターネット経由で他の人々や組織に資金の提供や協力などを行うこと。
群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語。


亜夢子は最近流行のクラウド(Cloud)だと思っていました。
調べてみたら群衆(Crowd)だとは。。。


クラウドファンディングで開発された商品には。


Bluetoothを利用した遺失物発見システム「Tile」などがあります。


この「Tile」、なんと260万ドル(1ドル=100円換算で2億6,000万円!)も調達したのだとか。


亜夢子も何かアイディアを出してクラウドファンディングで資金を調達してみようかしら。


おすすめ(いや、すすめているわけではないの)の一冊

申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。 [ カレン・フェ…

コンサルタントだった著者。コンサルタントというと頭が良くて何でも解決してくれるイメージありますよね。


企業の問題点を分析して、それらを解決するためのソリューションを提案する。
様々なツール、フレームワークを駆使し、どんな問題も解決。


そんな著者がコンサルタント時代を振り返って思うことは最終的には人と人のコミュニケーションが何より大切という結論に。


人事考課制度、インセンティブ制度等、どこの企業も取り入れている管理手法が実は会社をダメにしているとか。


大きな会社ほど形式にこだわって、がんじがらめになっていたりますよね。
いわゆる大企業病というやつです。


会社をどうすればよくなるか考えている人は読んでみてください。
久しぶりにグッとくる一冊でした。


編集後記(編集長より)

昔の会社の同期(女性)が乳ガンでなくなりました。
昨日はその同期を偲ぶ会に行ってきました。


亡くなる10日前にお見舞いに行ったのですが、普通に会話もできるし、もしかしたら治るのでは?などと思っていたのですが、残念ながら亡くなりました。


同期なので年齢は住広とほぼ同じ。
この歳で死を迎えるというのはどんな気持ちだったのかななど考えながら故人を偲びました。


いつ自分も大病をするかわからないなぁと思い、一日一日を大切に生きて行こうと思いました。



am cityはこちら
http://amcity.super-se.com/

現在の読者数:35名(100名まであと65人!)